システムソリューション部 SREチーム

インフラエンジニア

神原 勇太

2019年 新卒入社

良いものほど遅れて出来上がる、という意味です。

学生のときも社会人になってからも上手くいかないときってあると思います。上手くいかずに自分だけ遅れたりすることだってあると思います。そんなときにこの言葉を思い出すと、今の苦労は無駄じゃないって気がして少しだけ気持ちが楽になります。

どのような仕事をしていますか?

普段は運用管理課として、お客様からのお問い合わせへの対応や、アラート対応などを行っています。

運用管理課の仕事はお客様のコンテンツ、サービスが24時間365日正しく動作するように見守ることです。一見地味な役回りかもしれませんが、とても重要な仕事だと日々感じながら業務を行っています。

また、運用管理課の業務とは別に今年から始まった新しい自社コンテンツ【Appmill for Game】にエンジニアとして携わらせていただいています。まだ始まったばかりで手探りの部分もありますが、少しでもより良いサービスを提供できるよう試行錯誤を重ねています。

ビヨンドに入社したきっかけ

もともと大学院で情報系を専攻していたこともあり、自分の知識を活かせる仕事に就きたいと考えていました。

学生時代からLinuxに触れていましたので、サーバの仕事なら知識を多少なりとも活かせるのでは、と思い検索して見つけたのがきっかけだったと思います。
神原 勇太のビヨンドに入社したきっかけ
神原 勇太のこの仕事のやりがい

この仕事のやりがい

やはりお客様の大切なコンテンツ、サービスを預かっているという点にやりがいを感じます。お客様にとって自社のサービスは何よりも大事なものです。僕たちはお客様に信頼していただき、サーバをお預かりして、お客様の信頼に答えられるように日々精一杯努力する必要があると思っています。

障害が発生してお客様のサービスに影響が出てしまうこともありますが、できるだけ迅速かつ適切に対応できるよう心がけていますし、上手く対応できたときには達成感や安堵を感じます。大変な仕事ではありますが、そういったことにやりがいを感じています。

ビヨンドの良いところ

良いところはたくさんありますが、一つは新卒でも大きな仕事を任せられることがある、という点かなと思います。

例えば僕は、【Appmill for Game】にメインのエンジニアの一人として参加させてもらっています。もちろんいきなり放り込まれる、といったことはなく、わからないことはすぐに上司や先輩に聞ける環境が整っています。大変なときもありますが、エンジニアとして成長できる環境だと思います。
神原 勇太のビヨンドの良いところ

Recruitment News採用のお知らせ

ニュース 一覧を見る

TOP