システムソリューション部 SREチーム

インフラエンジニア

宮崎 健太

2017年 新卒入社

仕事に関して、能動的に動いて自分ができる範囲以上のことをお客様に提示して、お客様の期待にベストな形で答えたいと考えています。今そこまで到達できているかといったら、そんなことはないのですが自分の仕事へのスタンスはその感じです。

最近になってようやく、企業理念の「共に創り支え続ける」を意識することが増えてきたように思います。今後も根幹は「共に創り支え続ける」を持ち、運用だけでなくビヨンドの自社サービスをもっと広げたいです。

どのような仕事をしていますか?

普段の業務では、お客様からのお問い合わせの対応や日々発生するアラートの対応や削減、最近では三好拠点のオープンに向けてマニュアルの作成や修正などもこなしています。

また、組織文化委員会という組織が去年から発足されて、社員満足度やエンゲージメントの向上に取り組もうとしています。

もう一つ別のチームの業務モダン化プロジェクトというチームでは、日々の業務の古く効率の悪いやり方を、新しい別の方法で業務効率を高めることを目標に取り組んでいます。

ビヨンドに入社したきっかけ

たまたま採用ページを見つけてホームページを見たのがきっかけでビヨンドを知りました。

もともとIT業界には興味があって、就職活動を通して様々な業界を見るうちにやっぱりIT業界で働きたいなという気持ちがありました。

また、様々な業界を見る中で体育会系な営業は自分には向いてなさそうだと思った点と、IT業界の中でも様々な職種を見る中でビヨンドの働き方が自由で自分に合いそうだなと思ったことで入社を決めました。
宮崎 健太のビヨンドに入社したきっかけ
宮崎 健太のこの仕事のやりがい

この仕事のやりがい

お客様のwebサービスやゲームが正常に動くように預けてもらっていると思うとやりがいがあります。

正常に動いているのがまず当たり前で、それを24時間365日継続できるようにベストを尽くすのが私たちの仕事です。障害が発生したとしてもそれを迅速に解決するように取り組む、解決できた時は達成感も大きいです。大規模な障害でお客様のサービスへの影響が大きかったときは、達成感よりも安堵の方が大きいかもしれません(笑)

地味な仕事の様に見えると思いますが、インフラはサービスの基盤となる重要な仕事なんだと思って取り組んでいます。

ビヨンドの良いところ

働く環境が良く、働きやすいところだなと思います。

今でもスーツでガチガチに私語も全く話さない環境では、気持ち的に働いていてつらいだろうなと思うことがあります。慣れたらそうでもないのかもしれませんが、その点ビヨンドは私語も自由、服装も自由、トイレも休憩も自由です。周りの人も接しやすく頼りになる人が多く、相談に乗ったりアドバイスをくれる方も多いです。
宮崎 健太のビヨンドの良いところ

Recruitment News採用のお知らせ

ニュース 一覧を見る

TOP