システムソリューション部 運用管理課

インフラエンジニア

イ ギュソン

2018年 中途入社

相手の求める価値を考えて、引き出すためには、情報を握る必要がある。Inputは、時間に比例する。 Inputがないと、Outputもない。情報は知識になり、24時間7日は、一生になる。肯定的なマインドで自分を磨いていく。

相手が考える価値を大事にするということは、ビヨンドならではのものだと思います。実際に身に着けることは非常に難しいですが、最善の結果というものは、それ以上の努力で生まれるものと信じています。

情報弱者はビスネスで負ける時代という言葉を聞きましたが、実際の業務の中でも知識がないと説明もできなくなる場面が多くあります。自分自身の業務にてお客様の望みを読み取るのは一番大事であり、それを実現するために日々頑張ります。

どのような仕事をしていますか?

今はシステムソリューション部 運用管理課に所属し、24時間体制でお客様のサーバーを見守っています。

ビヨンドのビジネスはサーバ構築からサーバ環境の維持・保守、さらにサービス環境の調整まで繋がっているので、常にその環境を深く見て、お客様のニーズに合うものに改修し続けることを第一にしています。

運用管理課メンバーとして“社内の運用改善を達成し、よりクリエイティブな作りをしようというモットーをもって、新ツールの導入・マニュアル導入・教育研修・サーバの品質管理など、多岐に渡るテーマで活動しています。

ビヨンドに入社したきっかけ

最初日本にくるとか、サーバエンジニアになるとか、全く無縁でした。観光ガイドとして活動しながら色んな人と出会う中で、世界に飛び出す機会を作りたいと感じ、政府主導の人材育成プログラムに参加して、エンジニアになろうと決めました。

正直、想いは高くても海外転職、未経験者、自分の条件に押しつぶされて先道が見えなくて不安でしたが、ふとしたきっかけで「サーバーのことは全部丸投げ」のフレーズに惹かれてビヨンドと出会いました。社長とお話しして、私はビヨンドで成長できる確信を受け、入社を決めました。
イ ギュソンのビヨンドに入社したきっかけ
イ ギュソンのこの仕事のやりがい

この仕事のやりがい

時代のトレンドに追いつく経験ができるのが一つの魅力です。変化の激しいIT業界において、お客様の多様な望みに答えられる人材になるのが大事であり、日々エンジニア力を上げなければいけません。

ビヨンドはゲーム、動画、WEBページ等の様々なサービスに対応しており、幅広い経験を積むことができるので、プロフェッショナルなエンジニアとして成長できるように尽力しています。

なお、安定的なサービスを提供するためには、普段から業務に関する相談や意見交換を活発に行うべきです。ビヨンドのコミュニケーションの環境はどうなのかいうと、プロジェクトMTG以外でも各チームメンバーと密に連携を取りやすい環境が作られており、いつでも「共に創る」ことを感じられますので、とっても充実していると思っています。

ビヨンドの良いところ

ビヨンドは「共に創り支え続ける」という企業理念を実現するため、2018年注目の西日本ベンチャー100に入る日々成長し続ける会社、それを支える優れたエンジニア陣、新人エンジニア育成への全面的な支援、どんなエンジニアになりたいかを常に問われる良い雰囲気があります。

私自身もクラウドエンジニアになろうとの具体的な方向を決めてから、Linuxの資格、AWS Foundational受験等一歩ずつ進んでいます。

また、会社の内的レベルの向上を目指し活動する組織文化委員会は、毎年一つのテーマを決めビヨンドの働き方を変革する社員たちの代弁者です。サービスの向上や社内環境の改善などに力を入れているところが魅力の一つだと感じます。
イ ギュソンのビヨンドの良いところ

Recruitment News採用のお知らせ

ニュース 一覧を見る

TOP