管理部

広報・採用

藤沢 海

2017年 中途入社

常に冷静でいなければいけない、しかし常に冷静であれば面白い考えはできない、でもふざけすぎてはダメだ、でも楽しいことがしたい、そんな気持ちで広報や採用の仕事をしています。

会社のブログ、SNS、社内外でのコミュニケーションなど、自分の発信するものすべてが自分の好きなものであれるように、遊び心を持って仕事をしていきたいです。

どのような仕事をしていますか?

広報としてビヨンドのサービスをより多くの方に知ってもらうために、展示会やSNSで発信をしながらPRを行っています。

新サービスがリリースされたときはプレスリリースを書いたり、イベントに出展したときはブログを書いたり、Twitterやfacebookでもイベントの告知や社内行事の写真をアップしています。

また採用活動では、「インフラエンジニア」という仕事について知ってもらうために、大学で仕事内容の説明をしたり、学生交流会のワークショップに参加しています。

ビヨンドに入社したきっかけ

元々、ITの知識はまったくありませんでした。サーバーって聞いたことあるけど実際どんなものなのかは知らない、ぐらいの感じです。広報という仕事が何をするべきなのかさえ分からない状態でした。なので、まずは「サーバーとは何か」をホワイトボードを使って上司から教わったのがスタートです。

そこから展示会のブースに立ってサービス内容を説明したり、外部の勉強会に登壇して広報の活動内容を話したり、自分がインプットしたものをアウトプットしていくことで徐々にビヨンドについて理解を深めていくことができました。
藤沢 海のビヨンドに入社したきっかけ
藤沢 海のこの仕事のやりがい

この仕事のやりがい

ITについてまだまだ勉強中の身なので、採用イベントで学生の方に事業内容の説明をするときは、いかに専門用語を使わずに伝えられるかを考えます。

インターネットの仕組みについて絵を使った資料で発表をしたところ、「分かりやすかった」「興味が湧いた」と学生の方に言っていただけて、まだ知識が足りない自分でもできることはあるんだなと感じました。

文章を書くことも好きなので、社内ブログではビヨンドの社内制度について書いたり、インタビュー記事を書いてみたり、自分の得意なことを伸ばしながら会社に貢献できるので成長意欲にも繋がります。

ビヨンドの良いところ

堅苦しい雰囲気がまったくないのがビヨンドの良いところだと思います。

このような環境で働けることは当たり前ではなく、会社を良くしていこうとこれまでに試行錯誤してきた方たちがいるから今があると思うので、今後もっとビヨンドを良くしていくために自分にできることは何なのか意識しながら仕事に取組みたいです。
藤沢 海のビヨンドの良いところ

Recruitment News採用のお知らせ

ニュース 一覧を見る

TOP